at_at4040e

こんにちは!
私は自宅録音用で以前からAudioTechnicaさんのマイクを使っていました。
理由は、他社マイクと聴き比べた中で、価格帯の割に音が好きだからです。
これからマイク選びをする方などの一助となれば幸いです。

まず、このマイクは「コンデンサーマイク」という種類のマイクです。
マイクの種類には大きく分けて「コンデンーサマイク」「ダイナミックマイク」の2種類があります。
おそらく目にする機会が多いのは「ダイナミックマイク」の方でしょう。
カラオケ屋、歌番組などで見るアレです。
こんな形をしています。

・ダイナミックマイク



そして今回紹介するAT-4040は上でも紹介しましたが、コンデンサーマイクです。

・コンデンサーマイク



何故こんな回りくどい説明を書いたかと言うと、この記事をお読みいただいて仮に「いいじゃんこれにしよポチー」としたはいいが、肝心の機材が無くて「つかえない~涙」とならない為です。
このAT-4040「ファンタム電源」が必要なマイクです。基本的にコンデンサーマイクではこの「ファンタム電源」というものが必要になります。
では、「ファンタム電源って何よ?」って方。
以下のような機材がファンタム電源を搭載されています。

・オーディオインターフェース
・ミキサー
・マイクプリアンプ

つまり、これらどれかの機材とコンデンサーマイクを「XLRオス-メスケーブル」というマイクケーブルを用いて接続します。
この記事をご覧になっている方が何を目的として、コンデンサーマイクを求めているかにもよりますが、「歌ってみた」や「セリフ、ナレーション録音」「声劇」などの用途で求めているのであれば、上記の「オーディオインターフェース」とセットになります。
とりあえずこの記事での説明はここまでにしておきます笑
オーディオインターフェースについて、その接続方法などについての説明は後日、それ用の記事をまとめようと考えていますので、そちらをご覧ください。

さて、このマイクとてもよく音を拾ってくれます。ナチュラルに。
ただ録音環境に左右されることは間違いないですね。
雑音まで入ってしまうということもしばしばあります。
いわゆるフラット、原音に忠実な音が録れます。あとは録音の角度、場所によってだいぶ印象が変わるので面白いですね。
家に防音室、欲しいな~。欲しい!


赤ちゃんの一番かわいい時にとびっきりのオシャレと優しさを。【Bijoux&Bee】